こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、離婚のために浮気調査をした女性の体験談をご紹介します。

旦那の度重なる浮気に離婚を決心

私は都内に住む36歳、専業主婦です。興信所に依頼しようと思ったのは今から6年前です。

当時離婚を考えていて、恥ずかしながらその原因は度重なるパートナーの浮気でした。

しょっちゅう自宅にも無言電話がかかってきたり、イベントというイベントは全て謎の出張が入り私は1人でした。

付き合っている時から色んな女性の方と交流があり、それでも結婚相手に私を選んでくれたのなららこれで今までの事は忘れて新しい結婚生活を楽しもうとしていました。

しかし、結婚式の次の日から自宅に帰ってくる日は週に2日くらいでした。

そこまで仕事が忙しいのか?と問い詰めてみてもすぐ逆鱗に触れてしまい、こちらは何も言えませんでした。仕事以外にも色々と付き合いがあるんだ、私には何もわからないと言われるばかりでした。

私は母親になりたい願望が強く、それを言うとそんな必要はない!子供の親になるほど私が成長しきれていないと言われた時、もう早く別れたいと改めて決意しました。

離婚を切り出すも拒否する夫

そんな状態にも関わらず、離婚には絶対応じないの一点張りで、もし離婚したいならそれなりに納得する証拠を目の前に出してみろと笑っていました。愛情も何もない笑いでした。

私に出来ることはとにかく証拠を手に入れるという事です。しかし自分で尾行したりしてもきっとすぐばれてしまいます。

そこで初めて興信所を調べたのです。色々と調べもどこか良いのか判らず、依頼日も高額なため失敗は許されないと最初はなかなか動けませんでした。

しかし、このままでは何も変わらないと思い、思い切って興信所に電話しました。

興信所に浮気調査を依頼すると・・・

興信所に男性も女性もいて、探偵さんには見えない普通の優しい印象の方々でした。年は40代くらいだと思います。

私のしどろもどろな話もゆっくり聞いてくださり、きちんとまとめて順序を話してくれました。それだけでだいぶ気持ちが落ち着いて改めて依頼する事を決めました。

調査の結果は、ここに書くのも恥ずかしい事ですが、元パートナーは私以外にも家庭がありました。子供もいました。

随分前からの関係だったらしく、私と結婚した理由は愛情ではなく、仕事をする上で結婚している方が営業マンとしては都合が良い事が多いという点だけでした。

子供までいる女性との暮らしは籍を入れない方が支援金が多いのか、話し合ってそうしていたみたいです。

ショックを通り越して何も考えられませんでした。

結果、彼の言う証拠はバッチリ叩きつけられましたし、興信所の費用も払っていただきました。

興信所の方は温かい言葉をかけていただき本当に感謝しています。

今は出直す事が出来、幸せに暮らしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは浮気調査が依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら