こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、彼氏の身辺調査を経験した女性の体験談をご紹介します。

私が初めて付き合った彼氏

保育士をしている私が23歳のときにお付き合いしていた彼の話です。

それまで男性と一度もお付き合いしたことのなかった私が、保育園に給食を納入する業者だった彼(当時24歳)と知り合ったとき、彼はとても真面目で、納入の際にも挨拶以外は無駄口をたたかず、質問や要望にも真面目に向き合ってくれてとても好印象でした。

私はどんどん好きになっていきましたが、どうアプローチしてよいかもわからず、ただ見つめているだけでしたが、ある日、帰りの電車の中でばったり彼に会い、そこから連絡先を交換し、彼からの告白でお付き合いすることになりました。

仕事中の顔とは違い、プライベートの彼は意外にも積極的で大人でレディファーストでオシャレでした。

そんなギャップにますますのめり込んだ私は一年ほどのお付き合いの中で彼との結婚を考えるようになりましたが、彼はというと週末は一緒に過ごし、海外旅行にも行くようになっていた仲なのに、結婚はまだまだ、という感じでした。

私の親にも挨拶は済ませており、親も好印象でしたが、あるとき私に内緒で興信所を使って彼のことを調べたらしく、突然衝撃の事実を伝えられました。

親から伝えられた衝撃の事実とは・・・

「彼には他にも女がいる。別れなさい」そう言われた私は親の忠告を聞き入れず、彼と一緒になる、と飛び出し彼の家に向かいました。

彼は私の話を静かに聞いたあと、驚くべきことを伝えました。

「実は僕はある宗教に入っており。その信徒と結婚することになっているんだ。黙っていてすまない。好きだから別れたくなくてどうしても言えなかった。申し訳ない。君には幸せになってほしい。さようなら」

否定してくれると思った彼から思いもよらないのトドメの一撃。

完全にノックアウトされた私はヨロヨロと自宅へ帰り、親に別れた旨を伝えました。

しばらくは心の整理がつかず、改宗して彼の元へ行こう、とか彼は私のためを思って別れてくれたんだ、とか色々な考えが頭をぐるぐるしていましたが、職場で前のように普通に接することがストレスになっていたようで胃潰瘍になり、その後も体調がすぐれず、お世話になった保育園を去ることになりました。

その後少しずつ回復し、当時支えてくれた友人と結婚して別の保育園にパートとして復帰することになったある日、あの恋の別の一面を知ることになったのです。

元彼と衝撃の再開・・・

新しい保育園の行事でばったりあのときの彼と顔を合わせたのでした。彼は男の子のパパになっており、奥さんも一緒でした。

彼は完全に私を無視しましたが、私はその奥さんの顔を見て唖然としました。なんと以前働いていた保育園の同僚だったのです。

私は職場の人に彼のことは話していませんでしたので付き合っていたことを知る人はいませんでした。

あの頃より美しくなった彼女は私に「久しぶり!」と声を掛けました。

うろたえながらも簡単に話をし、他人行儀に挨拶をする彼に合わせて私もそうしていましたが、そのとき心に急に火がついて彼女にこう問いかけました。「いつからのお付き合い?」と。

すると彼女が答えた時期は完全に私が彼と付き合っていた時期と重なっていたのでした。

真面目そうに見えて、意外と積極的だった彼、なんだか心にストンと収まりました。

「どうしてあのとき仕事辞めちゃったの?」と聞く彼女に私はこう言いました。

「当時、付き合っていた彼の宗教が問題で別れなきゃいけなくなってショックで病気になって。私もバカだったの。」と答えたところ「それは大変だったね。うちは旦那が普通の仏教だったからそういう問題なかったからよかったけど、もしそうだったら私もショックだったろうな」と。

つまり彼は宗教の問題、と言ったのも私を切るためのでまかせだったのです。

さっきまで燃えていた私の心はもう何も音が聞こえないほどに静かになりました。

その日の夜、夫に全てを話して、私が馬鹿だった、と悔やんでいたところ、夫は軽く「そのおかげで僕と出会えたからよかったじゃん」と笑いました。

当時、あまり詳しくは話していなかったこの話を話すことでショックを与えてしまうのでは、と思いつつも、耐えられなくて夫に話してしまったのですが、あっさりとあっけなく受け止めてくれた夫に、それまで少し頼りないと思っていたのにとても頼もしく感じ、今の生活を大切にしようと思ったのでした。

そして、自分の娘が結婚を意識し出したら、やはり興信所を使って調べようと心に決めたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら