こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、夫の浮気調査をした女性の体験談をご紹介します。

転職後に帰りが遅くなった夫

現在33歳の女性で職業はパートです。不倫調査したのは24歳のときです。

妊娠中に主人が転職をした頃から帰りが夜中になりました。

ただ、変わったばかりなので仕方ないかなぁと思ってはおりましたが、何度電話しても出なかったので本人の了承を得て携帯のGPS機能を使って居場所を捜すことにしました。

若干居場所が職場からずれている事が多々あり、主人に問いただしても、「そのくらいのズレはあるんじゃない」と言うだけでしたが妊娠中という事もあり本当にそうなのかということを確認する気力はなく主人を信じるしかありませんでした。

出産後、子供の沐浴後に主人が着替えをさせている背中を見て、女の勘というものなのか「不倫してる」と思いました。

するとその後すぐに、「ちょっとコンビニに行ってくる」と!

タバコもあり、食事の後だったこともありもうコンビニに用事はないはずだったので、それで間違いないと確信しました。

不倫を確信した私は・・・

その日の夜に主人は携帯を触りながらベッドに横になっていました。

当時はまだガラケーでしたので、折りたたみ式でしたが、主人は携帯を開けたまま寝てしまっていました。

そんな時にメール受信の音がして、それで私は主人が寝ていることも、携帯が開けてある事も気づき、迷うことなく携帯を見ました。

そこには「ちーちゃんが世界一大好き」だとか「また会いたい」など、ラブラブなハートの絵文字だらけのやり取りがありました。

一通り読んだ私は直ぐに主人を起こしました。携帯を見せ問いただしても、ただこんなやり取りをして楽しんでいるだけで、体の関係はないと言った後は黙り時間が過ぎるのをただただ待っているという感じでした。

相手は職場にいる唯一の女性で年齢は27歳ぐらいでした。その女性は、その職場に彼氏もいるのにうちの主人と浮気をしていたのです。

次の日、主人や浮気相手には内緒で2人の上司に会いに行き、事実を全部話して飲み会の席等に絶対に主人は参加させないことと、2人を出来る限り見張っておくことを約束してもらい帰りました。

その後、沸々と煮えたぎる感情をおさえ、出来る限り主人には普通に接しておりましたが1度出来た溝はなかなかふさがることはありませんでした。

不倫癖のある男は・・・

その女性とはその後も続いていることは携帯のチェックで知ってはおりましたが、問いただすことはせずに、2人目が産まれれば少しは父親らしくなり浮気は辞めてくれると信じて2人目の子供を出産しました。

が、浮気癖のある男性は治りません。今度は別の女性と妊娠中から浮気をしていました。それも携帯を隠し持っていることをたまたま発見してわかりました。

それで吹っ切れることと、1人で子供を育てていく決意ができて、不倫相手と主人に慰謝料をもらい離婚しました!

今は幸せなので、浮気夫とは別れてよかったとつくづく思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは浮気調査が依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら