こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、盗撮被害にあった男性の体験談をご紹介します。

知らない人に突然爆笑された私

30代の男性でパソコン関係の仕事をしています。

宿泊施設で盗撮されて、映像を大勢に回し見されました。

ある日のこと、私が外を歩いていると、若い男女から「あいつ知ってる!AV出てるよ」などとわけのわからないことを言われて爆笑されました。

何のことかわかりませんでしたが、またある日には通りすがりに「全部見えてるよ!」とか「スケルトン」ということを近所の人が大声で言っているのを耳にしました。局部の形をしたものを私に頻繁に見せようとする、へらへら笑っている会社員も身近にいました。

自分の動画の見つけ方が分からず…

インターネットで情報を集めていたところ、どうやら私の裸になっている姿が盗撮され、ネット上でそれを目にした人々がAV出てるとかスケルトン(透けて見える)などと騒いで聞かせてきていたのではないかと考えました。

インターネットで自分の動画を探してみましたが、どこにアップロードされているのかわかりません。しかし確実に身近な者が私の裸の映像を見てあざ笑っているのです。

一見して普通の見た目の人々ですが、おそらく特別な組織に加入している連中は、盗撮映像なども閲覧できるのではないかと考えました。私は宗教団体の連中から、以前から嫌がらせを頻繁に受けていましたから、その一環としてなんらかの方法で盗撮されてさらし者にされ、広範囲で見られてしまったということでしょう。

宿泊施設での盗撮を疑ってみるも、確信は得られず

対策としては、何をしていいかわかりませんでした。まず裸を盗撮した映像を配信しているサイトも確認することができません。

私に対するいやがらせに夢中になっている連中が、私が盗撮されていることを口々に気づかせようとしたという出来事だけです。

私が心当たりがあったのは、とある合宿に参加して宿泊施設を利用したときです。この合宿はきちんとした機関が主催しているもので、まさかそういうところが盗撮の舞台となったとは信じられませんが、可能性があると思っています。

盗撮をされて勝手に回し見されるというのは、表向きは禁止されていることですが、実際のところは面白がっている人がいるのが実情でしょう。気をつけて生活をしているつもりでも、思いもよらぬところに監視カメラが仕掛けてあるということは、最近になって知ったことです。

日本という国は、どんなところにもビデオカメラが付いている。この点は常に心にとどめておくべきと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは盗聴や盗撮の調査も依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら