こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、友人が盗撮被害にあった方の体験談をご紹介します。

エスカレーターに乗った友人と私

28歳の女性、飲食店の接客業をしています。

あるとき、私と友人でショッピングに出かけていました。その時の服装は、私がスキニーパンツで、友人が膝より少し上の丈のスカートです。

買い物も済ませて夕方、そろそろ家へ帰ろうかと駅のエスカレーターに乗っていました。ホームへ向かう上りのエスカレーターで、私が前、友人がその後ろに乗っていたのです。

エスカレーターは距離が長いので、じっと端に立ってホームへ到着するまで待っていると、2~3分はかかります。その間に、実は友人がスカートの中を盗撮されていたのだと、エスカレーターを降りてから気づきました。

後ろで揉めていた2人の男性

私と友人がエスカレーターを降りると、その後ろで何やら男性2人が少し揉み合ったようになりながら降りてきました。がたいのいい男性が、スーツの男性の片手を掴んでいるといった状況です。

スーツの男性は「止めて下さい、離して下さい」と言って身をよじっていたのですが、がたいのいい男性が「盗撮してただろ、見たからな」と言っていました。

「盗撮?」と思ってがたいのいい男性を見ると、その人がちょっと小さい声で「この男がそこのスカートの女性を盗撮したみたいです、一緒に駅長室行ってもらえますか」と言いました。がたいのいい男性がぐいぐいとスーツの男性を引っ張っていき、私達は今いち状況が理解できないまま、その後をついていきました。

携帯に残っていた盗撮画像 被害届を出した友人

駅長室でがたいのいい男性が駅員さんに事情を説明しました。その場で駅員さんがスーツの男性へ、「盗撮したんですか?したなら警察を呼びますが」と言いました。
スーツの男性は最初5分程、「していません」と否認していました。しかし、がたいのいい男性が、「俺が横を通りかかったら、スカートの下から携帯引き抜きましたよね?見てましたよ」と言ったのです。

駅員さんが警察を呼んで、そこで警察の方がスーツの男性の携帯を確認しました。するとカメラロールにはばっちりと静止画で友人のスカートの中を盗撮した写真が、残っていたようなのです。そのまま警察署へ移動して、調書を取られました。

がたいのいい男性は、私、その後ろに友人、友人の後ろにスーツの男性がいるエスカレーターの横を歩いて上っていたのだそうです。その時にふと横に視線をやると、盗撮している所が見えたらしく、シャッター音はしなかったけれど明らかに怪しいと思って捕まえたと言っていました。

どうやらその携帯はシャッター音が鳴らないように改造されたもののようで、こういった機械はネットで簡単に買えるんだそうです。

結局友人は被害届を出して、スーツの男性は捕まりました。あの時、がたいのいい男性がスーツの男性に声をかけて捕まえてくれなかったら、友人はもっと苦しい思いをしていたと思います。

あれから友人は、スカートを穿いている時はエスカレーターに乗る場合、後ろに男性がいないか確認するようになったそうです。

こういった犯罪は、本当になくなってほしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは盗聴や盗撮の調査も依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら