こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、盗撮被害にあった女性の体験談をご紹介します。

混雑しているバスの中での盗撮

初めまして。私は岐阜県大垣市内に住む、22歳の女の子です。

22歳になったばかりの夏に、私は初めて盗撮の被害に遭いました。それまでは「盗撮なんて自分には関係ない。私は大丈夫」なんて思っていました。でも違うんです。盗撮は女性に付き物なのです。女性だからこそ危ないのです。

あの日、私は職場である居酒屋へ出勤途中でした。その日もいつもと同じように、バスで出勤しました。そのとき、夏らしい服装をしていました。ノースリーブのシャツに黒色のタイトスカート。盗撮に関心が向いていたら、もっと配慮した服装ができたのではないかと、今は後悔の念しかありません。

その日、いつもと同じようにバスに乗りました。とても混雑している時間だったので、座席が空いておらず、しぶしぶ立つことにしました。バスに乗って、職場に着くまでには45分かかります。出発して10分ほど経ったとき、私はまだ座ることができずにいました。もうその時から盗撮が始まっていたとは知らずに…。

女性が盗撮を発見してくれ…

私の後ろにはスーツ姿の男性が立っていました。30代後半ぐらいの男性です。20分ほどたってから、降りやすい位置へ移動しようとした時、私の後ろにいた男性が一緒に移動してきたのです。

その時点では、特になにも不信には思いませんでした。気にもならなかったぐらいです。もうそろそろ降りるところかなと思っていた時です。後ろから女性が来て、「あなた、盗撮されていますよ」と耳元で教えてくれました。

その行為を見て、焦った男性はとっさに下に置いていた黒色の手提げバックを掴み、バスを降りようとしました。私はわけがわからず、パニックになっていました。そのうちに、男性はバスを降りてどこかへ行ってしまったのです。

盗撮犯を警察に突き出せなかったことに後悔

一瞬の出来事で、私は恐怖で声も出ませんでした。当然、何もできなかった私は、スカートの中身を盗撮されただけで終わったのです。

あの時、とっさの判断が出来ていれば、男性を捕まえて警察に突き出すことができたのに。今だから、そう思えます。当時は恐怖とパニックでそんなことも思いつきませんでした。

私はそんな体験をしたからこそ、スカートはあまり履かないように気をつけています。どうしてもオシャレしたい時は、混雑しているバスに乗るのを避けるようにしています。しっかりと座席が座れるバスを選んでいます。

自分の身は自分で守る。身をもって体験したからこそ、学んだことなのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは盗聴や盗撮の調査も依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら