こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、盗撮被害にあった女性の体験談をご紹介します。

物置で着替えをしていた女子部員

24歳の女性で事務員です。いまからもう5~6年ほど前になりますが、高校生のころに盗撮されました。

当時の私は弓道部に所属していました。授業が終わって教室の清掃を済ませた後は、校舎から自転車で7分ほどの場所にある弓道場へ通っていました。私が通っていた高校は、弓道部員が少なく、私の他に女子が2人所属しているだけでした。

しかし、弓道場はほかの高校と共同で使っていましたので、練習するときにはそれなりの人数で男女混ざって練習していました。とはいえ、弓道は集中力が大切なので、弓道場の中でおしゃべりはできないのですが…。

弓道場はあまり大きくなく、的が5つと、練習用の巻き藁が3つ、そのほかに更衣室と物置がありました。更衣室は扉がなく、ただ壁にハンガーがかかっているだけで外からも丸見えだったので、男子が着替えに使っていました。女子は扉があってすりガラスになっている物置で着替えをしました。

ダンボール箱の陰にあったビデオカメラ

盗撮に気づいたのは、本当にたまたまでした。その日は弓道部の見学に来てくれた子がいて、練習用の弓矢を貸してあげるために、着替えながら物置の中をあさっていたんです。

すると、棚の上の段ボール箱の陰に、ビデオカメラが…。中には私たちの着替える様子がばっちりうつっていました。

当然その日は練習にならず、見学の子にも帰ってもらい、その場にいた他校の部員たちを含めた全員で緊急ミーティングしました。

後日犯人が判明。トラウマになった事件

その場では犯人がわからず、女子部員たちは制服の下に半袖のインナーを着て、下半身は短パンを履き、弓道着に着替える際に下着が見えないよう工夫するほかありませんでした。

そして更衣室に使っていた物置の大掃除をしました。まさか他にもカメラがあるとは考えがたかったのですが、なんとなく気持ち悪かったので、物が見えやすいよう整理することにしたのです。ゴチャゴチャしていると、物陰にカメラがあってもわからないかもしれないので。

結局、犯人は他校の男子でした。女子全員に謝罪して一応は和解したのですが、もし外部の人がカメラを仕掛けたとしたらちょっと危なかったかなと思いました。もし、カメラを置いたり、回収しているところに鉢合わせたら、何をされるかわからないですから。

自分は盗撮なんてされないだろうと思っていても、思わぬ形で巻き込まれることがあるんだなと感じた出来事でした。部活に限らず、社会人になってからも、共用の更衣室にカメラがあるかどうかを気にしてしまうようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは盗聴や盗撮の調査も依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら