こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、盗撮被害にあった女性の体験談をご紹介します。

盗撮の瞬間を発見した店員

29歳の女性で、仕事は通信会社の受付をやっています。定時に終わる仕事で、毎日本屋に寄って好みの本が見つかると購入して帰るという感じでした。私の場合本屋で立ち読みすると、本に入り込んでしまって他の人などまったく見えなくなってしまいます。

ある日、本屋の小説を立ち読みしていると、店員さんが私の後ろに走ってきて一人の男性を捕まえました。私は「何!何が起こったの!」という感じで、その場から少し離れて会話を聞いてみると、その男性がスマホで私のスカートの中を撮影していたらしく、それを目撃した店員さんが走ってきて捕まえたみたいです。

あまりの突然なことに、私は冷静になることができず少し震えていました。店員さんがガッチリと男を掴んでおり、スマホを取り上げて本屋の事務所らしき場所に連れていきました。、私からも警察に事情を説明してくれないかということだったので、その事務所に行きました。

店員にマークされていた盗撮魔

その犯人のスマホの画像を店員さんから見せてもらったのですが、私の赤の下着が映っていました。

しかしその犯人は「やってない」の一点張りで、ぜったいに犯行を認めず、それから15分くらいして警察が到着しました。犯人も警察が来て観念したのか、「私がやりました」と自分の口から認めました。

警察が店員さんと話をしていたのですが、前にもこの犯人はスマホで撮影していたらしく、それが防犯カメラに写っており、それも証拠として警察に渡すそうです。店員さんもマークしていた犯人だったので、今回つけていたらしく、それで捕まえることができたみたいです。

泣き崩れた犯人のお母さん。被害届を出し逮捕へ

それから犯人と店員さんと私とで警察署に向かい、店員さんからは被害届を出してほしいと言われていたので、被害届けを出し逮捕となりました。

少しして犯人のお母さんかなと思われる人が現われ、泣きながら私に謝罪してきて、腰からくずれ落ちていました。その犯人は25歳の無職みたいで、一言言ってやろうと思い、「こんなことしないで働けよ!」とついつい怒りで言ってしまいました。

それ以来本屋に行くときは周囲を気にするようにして、どっぷり立ち読みをすることはなくなりました。

今、本屋ではかなりスマホでの盗撮が流行っているらしく、盗撮でも違った盗撮もあるらしく、漫画などを動画ですべて撮って帰る若者などもいるそうです。店員さんに教えてもらったのですが、本屋に行った時に座っている男性(地べたにではなく)には注意が必要みたいで、その座った位置から女性を物色したりして狙っているみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは盗聴や盗撮の調査も依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら