こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、盗撮被害にあった女性の体験談をご紹介します。

妹のバイトが終わるのを待っていた私

私は20代後半の女です。現在は結婚をして子供がいます。

これは私が18歳のときに実際に体験した出来事です。当時私はカフェでバイトをしていて、基本的に平日休みでした。

私は一卵性双子姉妹で双子の妹がいました。妹はスーパーでバイトをしていたのですが、まだ自動車学校に通っていたため自動車免許を持っていませんでした。母が妹のバイトの送迎をしていました。

その日は私もバイトが休みだったので、母が妹を迎えに行くのについていきました。妹のバイトが終わる時間までまだ時間があったので、母は妹のバイト先の駐車場で待機し、私は妹のバイト先の隣にある漫画やゲームやCDを販売しているお店で時間をつぶしていました。

漫画を見てからCDコーナーに行く際、背後に人の気配を感じましたが、その時はそこまで気に留めずCDコーナーに移動しました。CDを購入後、店を出て妹の働くスーパーへ行きました。

スーパーに行っても続いた人の気配。シャッター音がして…

スーパーのお菓子コーナーやジュースコーナーを見ていると、毎回私の近くにスーツ姿の男の人がいました。私はお店の関係者だと思っていました。

妹のバイトが終わり、妹を外の従業員出入り口で待っていたら、背後からカシャッというシャッター音が聞こえました。ビックリして振り返ると、そこには先ほどから何度も見かけたスーツ姿の男の人が立っていて、すぐに立ち去りました。その男の人を見たら下で手を組んでいて手の中には小さなデジタルカメラを持っていることに気づきました。

その日私はミニスカートを履いていました。

男を問い詰めた妹

以前高校生の時にコンビニで本を立ち読みしていたら、後ろを通りかかった人にスカートの中を盗撮されたことがあったので、すぐに盗撮されたと分かりました。

ビックリしたのとショックでどうすることもできずに泣いていたら。妹が出てきて「どうしたの?」と聞かれたので、その時にあった出来事を話しました。妹が私の腕を掴んで全速力で走って男の所に駆け寄りました。

妹が「おい!今何を撮ったの?」と男に話しかけたら、男は「何のことですか?」と言いました。「じゃあ、そのカメラの中身を見せろ」と妹が問い詰めたら、「すみません、消しておきます」と言って、男は走って逃げました。

結局犯人は捕まらず落ち込んだが、母の明るい声に助けられた

妹が更に男を追いかけようとしたときに、私たちが男の人と話してる姿が見えて心配になった母が車から出てきました。

事の経緯を話したら、「相手は男の人で力も強いし何をされるか分からないから追いかけるのはやめなさい」と止められました。妹はバイト先に戻って店長さんに話したら、バイトの男の子たちが周辺で犯人を捜してくれましたが、見つかりませんでした。警察に相談をして、しばらくの間パトロールをしてくれたそうですが、結局犯人を捕まえることはできませんでした。

すごくショックな出来事でしたが、明るい性格の母が「今日どんなパンツ履いてたの?ボロボロの履いてなくてよかったねー」と笑いに変えてくれたのが救いでした。それからはスカートを履くときには必ず、中が見えても大丈夫なように短いレギンスを履くようにしています。

一番悪いのは盗撮をする卑劣な犯人ですが、女性が自分の身は自分で守れるように最低限自分でできる対策をして、盗撮などの被害者が減ることを願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは盗聴や盗撮の調査も依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら