こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、彼氏の浮気を調査した女性の体験談をご紹介します。

友人からの目撃情報で・・・

私は25歳接客業の女です。山梨県甲府市在住です。彼氏は29歳の会社員で同棲3年目になったので、そろそろ結婚しようかという話も出ていた矢先の事です。

共通の友人から、彼が私と違う女性といるのを見たという連絡が入りました。その日は会社の飲み会と言っていたので不審に思い、私は仕事が終わるとすぐにアパートへ帰りました。

彼はまだ帰っていませんでしたが、〔上司に誘われてまだ帰れそうにない〕というLINEが来たので普段は言いませんが、どこのお店にいるの?写真見たいな。と返信しましたが、彼から返事は来ませんでした。次の日も仕事だった私は、ベッドに入り眠ろうとしましたが不安からなかなか寝付けずにいました。

深夜3時近く、物音がして彼が帰って来たのだと分かりました。彼は10分もかからずにベッドに入ってきたので、着替えと歯磨きだけしたのだろうと思いました。聞きたいことはたくさんあったのに、私は寝たフリを続けてしまいました。

会社の飲み会に行っていた割には、揚げ物やタバコなど飲み会独特の匂いがしないなと思うと、じわりと涙が滲んできましたが気付かれないよう押し殺しました。隣の彼からはすぐにイビキが聞こえてきました。

そんな事があって何となくもやもやとした日々を過ごしていたのですが、ケータイを見ようにも彼はロックをかけており、普段から仕事の都合ですれ違い気味だったのでなかなか証拠を掴めずにいました。

女友達に相談すると・・・

そんな時、女友達に相談すると親身になって聞いてくれ、一度外泊すると言って彼の行動を見てみてはどうかと提案してくれました。その日はうちに泊まりに来てくれていいし、何かあれば一緒に乗り込んでくれるとも言われました。

私は確かめたい気持ちと信じたい気持ちで、試してみることにしました。日曜日のシフトを変わってもらえる週に決行することを決め、週末休みの彼に合わせて、今週の土曜日は仕事が遅くなるし日曜日は朝早いから職場の近くの友達の家に泊まってくると言いました。

外出されると証拠が掴みにくいので、念のためネットで化粧品を頼み、土曜の20時~21時に配達してもらうよう指定し、彼に「もし土曜日予定がなければ荷物が届くから受け取っておいてほしい」と頼みました。もし浮気相手がいて会う予定ならばなるべくアパートに連れ込んで欲しいという私と友人の小さな作戦でした。

浮気調査の当日・・・

何もないことを祈りながら、その日を迎えました。夜、私が仕事を終えて友人の家に着くと少しして彼から荷物受け取ったよとLINEがありました。遅くまで仕事の設定だったのでLINEは未読にしたままにしておきましたが、連絡があったことに少し安堵している自分がいました。

友人と食事を済ませた後、アパートに様子を見に行ってみる?と聞かれ、彼に対して疑って悪いなという気持ちはありましたが、せっかく友人に協力してもらっているし、日曜のシフトも変わってもらっていたので、ここまでして行かないというのも、と思い行ってみることにしました。

アパートの近くの公園に車を止めると、友人と歩いて駐車場を見に行きました。もしここで彼に出くわしたらどうしよう、忘れ物を取りに来たと言おう、でも連絡を返していないし等と考えている間に駐車場へ着き、彼の車の隣のスペース、いつも私の車を止めている所に軽自動車が停まっていました。遠めに見ても女の子の車とわかるような車でした。私は心臓が止まりそうになりました。友人に話すと、部屋へ行ってみようと言われました。

部屋に乗り込むと…

私は動転していて、自分が自分でないような感覚のまま階段を上がっていましたが、部屋の前に着いたときは妙に冷静になっていました。音を立てないように鍵を開け、そっと扉を開けると玄関まで声が聞こえていました。一番聞きたくない声でした。

見覚えのない女物のヒールを横目に部屋に入り、寝室の扉を思い切り開けました。そのとき中にいた2人の驚いた顔は一生忘れないだろうと思いました。決定的瞬間を見てしまったので男の言い訳も女の怒鳴り声にも耳をかさず、一緒に来てくれた友人の手も借りて必要な荷物をまとめてアパートを出てきました。

その日は一晩まるまる泣いてしまい友人には迷惑をかけてしまったと思いますが、友人には感謝でいっぱいです。

翌日私は実家に帰り、残りの荷物は実家へ郵送してもらいました。彼のことは好きだったし情もあったけれど、彼の本性が分かり、別れて本当に良かったと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは浮気調査が依頼できる探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら