こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、友人の消息調査を興信所に依頼した女性の体験談をご紹介します。

連絡が取れなくなった友人

私は現在49歳の女性です。8年くらい前、友人の消息を知りたくて、興信所に調査を依頼しました。

その友人は、男性でした。ボランティア活動を通して知り合いました。それまで、その人とは、友達としてご飯を食べに行ったり、メールをしたり、電話をしたりしていたのですが、ある時急に、連絡が取れなくなってしまいました。

メールをしても返事がなく、電話をかけてもつながらず、心配になって、 共通の知り合いに今どうされているのか彼の事を尋ねたのですが、 知らない人ばかりで、消息を知ることができませんでした。

また、彼の大まかな住所はわかっていましたが、ちゃんとした住所がわからなかった為、訪ねて行くことができず、どうすることもできなかったので、最終的に興信所に調査を依頼したのです。

興信所での消息調査

調査を依頼したのは「広島○○リサーチ」という会社です。興信所は沢山あり、どこがいいか迷ったので、インターネットで良さそうな興信所を検索してみました。

「広島○○リサーチ」を選んだ理由は、地元の調査会社であったことと、他の興信所に比べて、料金が格段に安かったことです。

通常、6時間の調査では、20万円程度が料金の相場でしたが、「広島○○リサーチ」は、6時間の調査で9万円とかなり料金が安かったです。 友人の消息を知るために、1日6時間の調査を毎日、1週間継続して行いました。

はじめに、対応してくださった相談員の方は、30代ぐらいの女性で、言葉遣いも丁寧でした。調査の結果を受けて、私の要望がその都度、変わってきたりしたのですが、それについて臨機応変に、丁寧に対応してくださったので、良かったと思います。

1週間、彼の自宅周辺に待機して、調査してもらった結果、彼が元気でいることが分かったので、一定の成果がありました。

彼が元気で 過ごしているということが分かってから、私は、彼がやっている新しい趣味を知りたいと思いました、その場所で出会えれば、また友達として、お付き合い出来ると思い、続いて調査を依頼しました。

継続調査の結果は・・・

休日にどんなところに出かけているか調査をしてもらうことにしました。その時に対応された相談員の方は、以前とは違う人で、30代ぐらいの男性の方でした。

その調査の日、運悪く雨が降り、彼が車ではなく、バイクで出かけてしまった為、追跡調査ができない。と言われてしまいました。 その時、雨はほとんど降っていなかったのですが 相談員の男性からは、「雨が激しく降っていたため、調査を中止しました」 という報告がありました。

今から思うと、バイクでの追跡調査自体ができなかったのだと思います。そのことを、始めに正直に言って下されば、何の問題も無かったのですが、その時対応して下さった興信所の男性相談員の方は、不誠実な方でした。

私は、その男性相談員の方に強い不信感を抱き、やむを得ず、調査はキャンセルしました。

興信所は、スタッフによってこんなにも対応が違うのか?わたしは、不思議に思いました。結局、 調査は中途半端で終わってしまいました。

後に知ったのですが、この興信所より料金が高めのところであれば、複数の探偵でチームを組んで追跡してくれて、バイクだろうが問題がないようでした。料金だけで決めずに調査体制も確認しておけばよかったかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは人探しを依頼できる探偵事務所・興信所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら