こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、夫の浮気を調査した女性の口コミをご紹介します。

夫の浮気を疑って・・・

40代の女性、会社員です。10年ほど前になりますが、興信所を利用した経験があります。

目的は夫の浮気調査でした。週末のたびに出かけ、無断で外泊することも増えてきたので浮気を疑いました。

自分で夫の車を尾行しようかとも考えたのですが、幼い子どもを2人抱えての尾行はたいへんですし、バレたときは逆ギレされそうだったのでプロにお願いすることにしました。

しかし、興信所など利用するのは初めてで、どの会社が信頼できるかわかりませんでした。

暴力団と繋がっていたりすると怖いという気持ちもあり、タウンページを見て「女性の調査員が話を聞きます」と謳い文句のあった興信所を選びました。

女性だけなら怖い人はいないでしょうし、夫に浮気されているかもしれないという私の不安な気持ちに同情してくれると思ったからです。

興信所に電話をすると・・・

ドキドキしながらまずは、タウンページに載っていた番号に電話をすると、40~50代と思われる女性が電話に出られました。

実際、調査をするには、具体的な話を聞かなければ勧められないと言われ、アポイントメントを取って興信所まで足を運びました。

その興信所はオフィス街にあるビルに間借りしていて、事務所自体はそれほど広いわけではありませんでした。

最初に電話をかけたときに応対してくれた女性に部屋へ通され、そこで相談する形になりました。

相談料は無料でした。女性は50代で、ふつうの会社員といった様子でした。

その女性が直接、調査員として動いているわけではなく、調査員に指示を出したり、クライアントと直接やりとりをしたりする役割のようでした。

調査員との打ち合わせ内容は・・・

まずは、夫の浮気を疑う根拠や出かけるときの行動パターン(時間帯や交通機関の利用の有無など)を聞かれました。

夫は土曜日の朝から自家用車を運転して出かけ、日曜日の夕方まで帰ってこないという話をしたところ、「長年の勘から言うと、浮気しているのは間違いない」と自信たっぷりに言われ、その後もかなり同情的に話を聞いてくれました。

ひと通りこれまでの経緯を話すと、今度は調査費用についての話に移りました。

「費用は調査員1人を1日使うと15万かかる、男性の尾行はたいへんだから調査員を2人使うので30万が必要」と言われました。

しかも、その30万円は調査が失敗に終わっても調査員を動かす以上は必ず支払わなければならない金額だと付け足されました。

30万はかなりの大金でしたが、その時は切羽詰まっていたし、眠れないほど悩んでいたのでまともな判断ができず、契約書に名前を書いてしまいました。

でも、印鑑を押す間際になって「一度、実家の父に相談してから決めます」と言うと、それまで優しかった女性の態度が急変して「名前を書いた以上は、契約してもらわないと困る」とキレられ、印鑑を押し、帰宅してから調査費用の30万を前払いしました。

浮気調査の結果は・・・

調査する日は、夫が出かける土曜日でした。興信所には夫の車が止まっている場所を前もって教えていたので、調査員の方が朝からスタンバイして尾行されたようです。

30万も払ったのに結果はすごくお粗末で、二台で追跡したにもかかわらず、30分もしないうちに夫の車を見失ってしまったそうです。

浮気現場にすら辿り着けていなかったのです。自宅マンション前に停めてあった夫の車が写った立派な報告書を後日受け取りに行きました。

”女性調査員だけ”の興信所は女性を尾行するのには不自然でないから重宝されるようですが、女性だけに車の運転は苦手なのか、男性の尾行には不向きだったのだなあと後からわかりました。

もちろん、30万は帰ってきません。本当に腹立たしい興信所でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の口コミ情報は以上です。

今回の口コミに出てきた興信所は、料金設定も高すぎますし、調査内容もお粗末すぎますね。

当サイトでは浮気調査が依頼できる興信所・探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、きちんとした興信所を探す参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら