こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、旦那の浮気調査を行った女性の体験談をご紹介します。

夫の浮気が発覚して離婚を決意

私30代後半(専業主婦)、夫30代前半(会社員)、子供ナシ、関東在住。

夫の浮気がわかって2週間ほどしてから離婚の決意をしました。

いろんなサイトで有利に離婚する方法などを調べまくりました。

個人で経営されている調査会社に行き詳細を聞きました。

いちばん気になったのは費用です。そこの調査会社は成功報酬でなく、張り込みや追跡などにかかる時間給でしたのでいつ夫が浮気相手と会うか、どうやって会うか。

会っていても不貞行為の証拠となりうる写真を撮れなければ、ただ「会って食事しただけ」ということになって意味がないのに、金額もその分かかってしまいます。

2週間の夜だけの張り込みで約30万円くらいと言われ色々悩みました。

まずは自分で調べられることから浮気調査

できるところは自分でやろうと思い相手の女性の身元だけでも自分で調べてみることにしました。

夫は毎週残業する日があるので、朝に「友達と出かけたいから残業で遅くなる時は知らせてほしい」と伝えておきました。

昼には「遅くなる」の連絡があったので100円ショップでキャップとカールヘアのヘアピースを購入し、キャップの後頭部にヘアピースを3つ貼り付け簡易カツラを作って、マスクをつけて、服もいつもはワンピースなどが多いですがジーンズとトレーナーという格好で変装し夫を尾行することにしました。

会社から出てきた夫の後を追うとすぐに女性と合流していました。

わかってはいましたが現実にみるとショックで辛かったです。そのままレストランへ入っていった二人を外で怪しまれずに待つのはなかなか難しかったです。

遠方に住む友達に電話をかけて話をしてもらったり、レストランへ入ってすぐに私も近くのコンビニでトイレに行っておきました。

浮気相手を追跡調査

レストランから出た後は女性の方を尾行する予定だったので、スイカのチャージは多めにしておき、携帯電話のバッテリーが切れないように補助のバッテリーを用意しておきました。

待っている間に夫にメールで「今日は何時くらいに帰る」かを確認しました。

もし、今日は帰らないとなったら不貞行為の証拠が取れるのではないかと思ったのですが「23時に帰る」という返事だったので女性の追跡のみにしました。

出てきた二人を尾行して電車の駅内で自撮りをするふりをして携帯電話のカメラで何度か写真に撮り、女性の方について行きました。

電車内では少し混んでいたので女性の近くに寄っても怪しくなかったですが、電車を降りてからは住宅街で歩いている人もあまりいない為、近づきすぎると追い越してしまうので、歩きながら携帯電話を操作するふりをしてついて行きました。

女性が家に入ったので住所と表札を確認したらご実家だったようで、丁寧に家族全員の下の名前まで書いてありました。

最後に調査会社に依頼して証拠を取得

それを調査会社に渡しその後をお願いしました。

相手の詳細が分かっていたので後は不貞行為の写真のみだったため時間もかからず金額も10万円ほどですみました。

写真は公園でイチャついているものとホテルの出入りでした。なんだかシラけてなんとも思いませんでした。

この時にはすでに有利な離婚のことしか考えていなかったので、どちらかというと「やった」という感情の方が大きかったです。

調査を依頼して証拠も取れたし、その後の交渉も有利にできたし、誰かを尾行するなどあまりできない体験もできたし、結果的には良かったと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは興信所・探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

興信所・探偵事務所の地域別一覧はこちら