こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、行方不明になった男性を探した体験談をご紹介します。

手紙を置いて姿を消した元カレ

私は29歳の女性です、介護職をしています。

探した相手の年齢は35歳、男性でパチンコ店員をしていたフリーターです。その男性は私の元恋人です。

元彼と出会ったのは4年前、私が25歳の時の事でした。友達から誘われて行った合コンで出会って、それから何となく交際が始まったのです。

彼はどうしようもない人で、付き合ってすぐ私の家に転がり込んできました。パチンコ店で働いているものの生活費は一切くれず、ヒモのような生活だったのです。

その内お金を貸してほしいと言われ、私は彼の「定職に就いたら結婚しよう」という言葉を信じて、お金を貸していました。

でも貸したお金が1円も返ってこないまま、彼はある時「別れよう」という書置きだけ残して家を出て行ってしまったのです。交際期間3年、28歳の時に突然別れを告げられました。

しかし、そこで彼に逃げられた事よりも、お金が返ってこない事に腹が立ったのです。貸したお金は合計50万、何としても探し出して返してもらいたいと思いました。

元彼の行方を探して・・・

初めに行ったのは、合コンを主催してくれた友達へ連絡を取る事でした。

友達に事情を話して彼の知り合いの連絡先を聞いて、そこに電話を掛けたのです。でも誰も彼の行方を知りませんでした。

次に彼の勤め先のパチンコ店で聞きましたが、こちらも彼の行方を知っていそうな人はいませんでした。

何度彼の携帯に電話しても繋がらない、このまま逃げられるのだろうかと悔しく思いました。そこで最終手段として探偵に人探しを依頼しました。

探偵に所在調査を依頼すると・・・

探偵に依頼した時に、取りあえず探偵1人、7日間の調査で費用は30万と言われました。

結果が出なかったら大損ですし、7日で見つからない場合はもっと期間が延び、お金もかかります。それでも、やってみるしかないと思ったのです。

調査5日目までは何の進展もありませんでした。

このまま見つからないのかと思った6日目、とうとう彼を見つけたという情報が入りました。どうやら彼は、北の土地で女性と同棲しているらしいのです。

すぐに支度をして飛行機で向かい、そして調査書に乗っていた住所を頼りに彼の同棲相手の家まで行きました。

同棲相手の家に行くと・・・

出てきた女性は私より年齢が上の人で、話をするとあっさりと家の中へ入れてくれました。家の中には彼がいて、呑気に寝そべっていたのです。

イラッとして叩き起こすと凄く驚いた表情をしていたので、そのまま「貸したお金すぐ返せ」と怒鳴りました。

彼は「わかった、わかった」と言ってなだめようとしていましたが、近くで様子を見ていた同棲相手の女性が私の援護をしてくれました。

どうやら女性は出会い系で彼と出会ったようで、ヒモのようになっている彼に辟易していたようなのです。

2人から責められた彼はやっと念書にサインを書いてくれて、それ以降月5万ずつ返済してくれています。

あのままうじうじ悩まずに、すぐ探偵に依頼して良かったです。

探偵曰く、いなくなってすぐだったので見つかったと思う、何年も経った後だと足取りも解らなくなってくると言っていました。

やはり素人では探し出せないので、高いお金を払ってもプロに頼むのが一番だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトでは探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、人探しの際はそちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら