こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、会社の先輩にストーカーされた女性の体験談をご紹介します。

後輩男性に人気のあるAさん

私がストーカーにあったのは、24歳の頃、商社で営業をしていた時のことです。ちなみに私は女です。

ストーカーしてきたのは、同じ会社違う部署の先輩でした。当時32歳の男性でした。

同じ会社でも部署が違ったので接点はなかったのですが、よく掃除当番で早く出社していた私に、通勤バスの時間の都合で早めに出社していたその人(以下Aさん)が時々話しかけてくるようになりました。

掃除は部署内で順番に回ってくるのですが、遅刻常習者が多い部署だったので大体私が掃除しており、そこがすごく気に入られたようです。

Aさんは仕事がとてもできるけれど穏やかな笑顔の人で、後輩の面倒もよく見て、後輩がなにか失敗してもきちんとフォローしてくれるということで、私の同期の男性陣にはとても人気のある人でした。

周りの評判が良かったので、休日に食事に誘われた時も試しに行ってみました。楽しく話をして食事して帰ってきただけでしたし、仕事の相談などもできてありがたいなと思っていました。

突然Aさんの態度が豹変し…

会社の外で2人で会ったのはその時だけなのですが、会社では就業時間後などに休憩所で話をすることがありました。

その時も、後輩を気にしてくれる人なんだなあと思っていたのですが、何故かAさんの中では私と付き合っていることになっていたようです。今まで彼女がいなかったとかではなく、普通に女性と付き合っていたようですし、何故あの時彼がそうなったのか、本当にわからないのですが。

彼は私がAさんと付き合っていないと思っていることを知ると、途端に態度が変わりました。住所録で私のマンションを調べ、家の周りをぐるぐると回っていたのを見た時、ものすごくゾッとしたのを覚えています。

私のことを許せないと思う時期と、仲良くしたいと思う時期が交互にくるようで、突然家の前にプレゼントが何個も置いてある日があれば、「お前は最低だ。お前の家族もひどい目にあわせる」などと留守電が入っている日もありました。本当に毎日怯えて過ごしていました。

退職した私の住所を隠し通してくれた会社

私はしばらく誰にも話していませんでしたが、最終的に会社に相談しました。

するとなんと数年前にも同じ部署の女性ともめたことがあり、上司が仲裁していたということでした。私は、私の方に思わせぶりなところがあったのかもしれないし、あまり事を荒立てたくはないこと、できるだけ早めに退職させて欲しいということを伝えました。もう同じ職場は絶対に無理と思っていたので。

そしてすぐに退社し、マンションを引き払って隣市の実家に帰りました。電話番号も変え、しばらくおとなしく暮らしました。彼は私の実家の住所を知りたかったようですが、会社も隠してくれました。

もちろん同期の数人にも事情を話してきっちりと口止めしました。その結果なのか、その頃繁忙期に入ったからなのかは知りませんが、Aさんに会うことはありませんでした。実家のことなどを話してなくて本当に良かったと思いました。

どんなに普通で良い人そうに見える人でも、ふと間違えると何があるかわからないと身をもって知り、怖いなあと思いました。本当に、人間ってどんなことがあるかわかりませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上です。

当サイトではストーカー対策などを扱う探偵事務所を地域別の一覧にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

探偵事務所の地域別一覧はこちら